葬式での服装でネクタイはどんなのがいい?~口コミはこちら

葬式 服装 ネクタイ

『葬式での服装でネクタイはどんなのがいい?』(口コミ4件)

↓  ↓

■その1

葬式でのネクタイは色が黒を覚えておけば問題ありません。

遺族の方や近親者の方のネクタイは黒ですし、参列する一般の方もネクタイの色は黒です。

 

しかしお通夜は別です。

お通夜は急にいかなければいけないこともありますので、必ずしも黒でなくてはないけないということはありません。しかしやはりお通夜でも派手な色、例えばピンクや黄色などの色はさけるべきです。

 

普段から派手な色のネクタイを身に着ける方は、非常用に黒のネクタイをバッグに一本しのばせておいてもいいと思います。

お通夜は急なことなので、スーツではなく、作業着のような服装でいくこともありえます。そんな時はネクタイは不要です。近親者や遺族の方は黒いネクタイを身に着ける必要があります。

⇒フォーマル用のネクタイ(弔事用)はこちら(スーツのAOKI)

 

■その2

お通夜であれば、緊急に駆けつける場合もあるので、派手でない紺や青などの色目、もしくはノーネクタイで参列しても構わないと思いますが、お葬式に参列する場合は、ネクタイは基本黒以外には考えられないと思います。

 

社会人になったら、ブラックフォーマルのぐらいは、揃えておくべきだと思います。お付き合いでの参列なんていう場面にも少なからず出くわすこともあるでしょう。

慶事とは違って、弔事は急なことが多いですから、あらかじめ黒のネクタイを一本持っておくだけで、突然の弔事に慌てなくてすむのではないでしょうか。

 

どうしても、お葬式当日までに用意できない場合でも、近頃ではコンビニや百均などで手に入れることができるようですから、できるだけ、購入する努力をされた方が良い思います。

 

■その3

お通夜の場合は急きょ駆けつける場合もあるので、必ずしも黒でなければいけないという訳ではありませんが、葬式の場合は、事前に電話やはがきなどで連絡が来るわけですから、黒のスーツに黒のネクタイを付けて来ることが望ましいと思います。

 

黒といっても光沢のあるものや、ストライプや刺しゅうなどの入ったネクタイはダメです。

葬儀は、亡くなった個人を悼み家族を慰める場所であって、おしゃれをして自己主張する場ではないのです。最近では、紳士服売り場でなくてもコンビニや、100円ショップなどでも葬儀用の黒のネクタイは売っていますので、家の目の付くところに常備しておきましょう。

 

また、葬儀では基本的に光物はNGとされています。

ネクタイピンなどをする場合もゴールドやシルバーの物は避けて素材を選ぶ必要があります。上着のボタンを締めていればネクタイもそれほど気にならないと思うので、ネクタイピンは付けていかないことが無難です。

 

■その4

葬儀に参列する場合、ネクタイは黒色のものを選ぶようにします。

たとえ黒色であっても光沢のあるものや柄のあるものは避けるようにしましょう。近頃では礼服用の黒ネクタイでも光沢や柄のある物が売られていますが、他の参列者から常識が無いと思われてしまう恐れもあります。

 

お通夜のように急な知らせに駆けつける場合は、黒以外でも地味な色のネクタイなら問題無いと思います。

しかし葬儀の場合はあらかじめ日程が通知されるはずなので、場に合ったネクタイをしっかりと準備しておきたいものです。

 

もし事前に礼装用の黒いネクタイを用意できなかった場合は、コンビニエンスストアや駅の売店で購入することもできます。葬儀に参列する前に立ち寄るとよいでしょう。

 

スーツのAOKI公式通販はこちら↓ ↓

スーツのAOKI公式オンラインショップ
aoki

スーツでおなじみのAOKI公式オンラインショップです。


・お急ぎの方には『お急ぎ便』あり。(お直しをしても、2営業日以内に手数料無料で出荷するサービスです。月曜~土曜の14時までの注文は当日発送!)

・お買い上げ金額にかかわらず日本全国どこでも送料無料!

・支払い方法:クレジットカード、代金引換、後払い(コンビニ・郵便局・銀行)




 

 



▼  ▼



サブコンテンツ

このページの先頭へ